• 9849-xxx-xxx
  • noreply@example.com
  • Tyagal, Patan, Lalitpur

ダンジョンズ&ドラゴンズ ファンタジーアドベンチャーボードゲーム

ファイター、ウィザード、ローグ、クレリックの4人は、数多くのダンジョンを探検し、何百もの敵を倒し、貴重な宝物を集めて、頭を高く上げ、財源を増やして勝利しなければなりません。  このゲームでは、基本的にはダンジョンマスターがシナリオを選び、マップやモンスターなどをセットして、 ヒーローである他のプレイヤーにストーリーや目的を読み上げます。 そして、イニシアチブカードが配られます。これは1~5の数字が書かれたカードです。これは1~5の数字が書かれたカードで、プレイヤーが行動する順番を決定します。プレイヤー1から始まり、プレイヤー5で終わります。このカードはランダムに配られるので、プレイヤーが新しいエリアに入るたびに、プレイヤーが行動する順番が変わります。 手番において、プレイヤーは2つのアクションを取ることができます。 ・戦う   ・移動   ・呪文を唱える   ・アイテムを変える   ・チェストを開ける  移動とは、カードに記載されているスペースの数だけ、自分のプレイピースを動かすことです。斜めに移動することはできません。 戦闘は、プレイ中のカードに基づいて行われます。すべての武器と呪文には、近接攻撃と遠距離攻撃があります。近接攻撃を行うには、モンスターに隣接していなければなりません。範囲攻撃を行うには、1マス以上離れていて、モンスターを見通せる位置にいなければなりません。  ダメージを計算するには、カード上の色のついたサイコロを振り、サイコロに表示されている剣の数からモンスターのアーマークラスを差し引くだけです。いくつかの武器には、リロールやその他の特殊効果がありますが、これはスターダイスによって引き起こされます。  呪文を唱えるには、まずその呪文を唱えるための呪文ポイントを支払わなければなりません。攻撃呪文は武器による攻撃と同じですが、その他の呪文は単にゲーム・ルールに影響を与えるだけです。いずれの場合も、その効果を決定するのは非常に簡単です。 チェストを開けるには、そのチェストに隣接していなければなりません。DMはカードを1枚引き、それをあなたに渡します。カードの中には罠が描かれているものもありますが、その場合は報酬は受け取れず、カードに書かれている文章に従わなければなりません。 ダンジョンマスターの手番では各モンスターは2回行動することができ、通常は 移動と攻撃を行います。 ヒーローが殺された場合、そのモデルは死体の位置を示すトークンに置き換えられま す。そのヒーローは復活の呪文やポーションを使ってのみ生き返ることができます。残念なことに、拡張版ではアイテムデッキが増えたため、これらの効果を見つけるのが難しくなっています。 ヒーローが目的を達成した場合、彼らは勝利し、見つけた宝物は次のアドベンチャーで使用するために保管することができます。 感想 さて、このゲームはリアルD&Dの入門編ということで、箱の中にはコアルールブックの広告も入っています。 欠点を見ていきましょう。まず第一に、ゲームデザインそのものが、いくつかの興味深い革新性を持っていますが、いくつかの継承されたメカニズムのために欠陥があります。このゲームは「Heroquest」のような古いゲームをベースにしており、それが問題となっています。 攻撃や移動、ダブルアタック、ダブルムーブなどのターンの構成は、もうやり尽くされた感があります。『Descent』のシステムとは異なり、非常に制限されているように感じます。『Descent』では、消耗と準備された命令を導入するだけで、はるかに柔軟なシステムになります。